ミニベロがもっと好きになる!別冊少年マガジンの漫画「おりたたぶ」にA-bikeが登場

  • 2019年9月15日
  • 2019年11月23日
  • BIKES
  • 296view

ミニベロ好きとしては、ミニベロに関するものすべてが楽しく気になるものです。新しいモデルのミニベロが出たとか、試乗会が開催されるとか、ミニベロに関するアンテナを張っています。

ミニベロ登場のマンガ

そんなアンテナにピピっときたのはこちらです。

2019年07月09日
『おりたたぶ』「別冊少年マガジン」8月号より新連載開始!

少女×折り畳み自転車のゆるかわDays♪

7月9日(火)発売の「別冊少年マガジン」8月号より、少女×折り畳み自転車のゆるかわDays『おりたたぶ』が新連載スタート!

あらすじ

春。自転車が大好きな女の子・鳴嶋ゆうみは、同じく自転車好きの少女・滝沢奈緒と出会い仲良しに。
折り畳み自転車を通して彼女たちは交友を深め、かけがえのない絆を育んでいき……。
そして今日も彼女たちは、折り畳み自転車に乗って新しい世界に踏み出し、素敵な出会いに心躍らせるのです。

出典:講談社 少年マガジン NEWSページ
URL:https://shonenmagazine.com/info/entry/20190709oritatabu

折りたたみ自転車・ミニベロが登場するマンガ「おりたたぶ」です。
その第1話の表紙に「A-bike」という究極のおりたたみフォールディングバイクがど~んと掲載されていたのです。

既に第3話まで話が進んでいますが、A-bikeが登場する第1話は無料で読むことができるので、ぜひ読んでみてください。ミニベロの「あるある話」や、あっ、あのミニベロだ!といった場面に出会えます。

待望の「おりたたぶ」コミックス第1巻
2019年11月8日 発売済み
おりたたぶ第1巻 (週刊少年マガジンコミックス)を見る
物語は第6話まで進んでいて、一部はマガポケで無料読むことができるようになっています。
追記:2019年11月23日

究極の折りたたみミニベロ「A-bike」

出典:WHeeLING TOKYO
URL:https://www.wheelingtokyo.com/

A-bikeとは

A-bike(エーバイク)とは、英国の発明家クライブ・シンクレアが設計した折り畳み自転車。

ガラス繊維強化ポリアミドにより約5.7キログラムという軽量化を実現している。頑丈で日本国内外の安全基準をクリアしている。人間工学に基づいた設計で、通常の自転車とほぼ同様のライディング性能を有する。簡単に折り畳みが可能で、飛行機の手荷物で持ち込めるコンパクトさが特徴である。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

とにかくコンパクトさが際立っているミニベロで、、タイヤが8インチのトーパンクタイヤという事もあり、ある意味「クセ」がありますが、歩くより速い速度で走ることができるミニベロです。

重量は6.79㎏と軽く、片手で持ち運ぶのも簡単なので、いわゆる輪行も問題なしでしょう。特に旅行先でちょっと移動するのにとても便利な移動手段となるはずです。

自転車で移動したいけれど、駐輪場を考えなければならないことや、目的地までは電車等の公共交通機関を使って移動し目的地では自転車での移動を行いたい。そんな贅沢な悩みを解決してくれるサービスが登場していました。

WHeeLING TOKYOサービス

WHeeLING(ウィーリング)は折畳み自転車をあなたの宿泊先までデリバリー・お貸出しいたします。

WHeeLINGは、

”自転車を携帯して公共交通機関と併用する”
この東京の交通事情に最もマッチする移動手段を、東京を訪れる皆様へ提供します。

​折畳み自転車は世界中に数在れど​、実用レベルで携帯できるものはこの自転車のほかにありません。

折畳んで専用のバックパックに収納すれば縦71cm×横43cm×奥行22cm。一般的なスポーツバッグと同等の大きさなので朝の通勤ラッシュの満員電車にも苦労なく持ち込めます。​

降車駅に着いたらすぐに自転車を組み立てて目的地までポタリング。
食事のとき、神社仏閣や建物内に立ち寄るときは折畳んで手荷物にしましょう。
夜はホテルの部屋に。
東京滞在中、ずっと手放さないで一緒にいてください。

​さあ、WHeeLING BIKEで新しい東京観光を体験しましょう!

※東京23区内のフロントデスクが常設されている宿泊施設に限ります。ご注意ください。

出典:「WHeeLING TOKYO」
URL:https://www.wheelingtokyo.com

東京23区内の宿泊施設限定となりますが、コンパクトミニベロ「A-bike」を宿泊先となるホテル・旅館に届けてもらい、レンタルバイクとして利用することができるサービス「WHeeLING TOKYO」です。

公共交通機関の電車網が発達している首都東京。
電車を使う事で様々なところへの移動が非常に便利ですが、目的地が必ずしも駅近くというわけではなく駅からは徒歩または、バス等の別の交通機関が必要なこともあります。

そんなとき、折りたたみミニベロがあれば交通機関と自転車移動とを上手く組み合わせて、行きたいところに自分のペースで移動できるようにできれば良いのに。と、そんな願いをかなえてくれるのがこの「WHeeLING TOKYO」のサービスでしょう。

宿泊先が決まったら、事前にWebで「WHeeLING TOKYO」サービスの予約・購入を済ませれば、宿泊先に「A-bike」が届けられます。

出典:WHeeLING TOKYO
URL:https://www.wheelingtokyo.com/

その「A-bike」を受け取り、あとは持ち運んで移動する。めちゃくちゃ簡単な説明なのですがそれもそのはず。届けられる「A-bike」は専用のバックパックに収納されて届くからなのです。

折りたたまれた「A-bike」が入ったバックパックを背負って、電車に乗り込み目的地の駅へと移動する。駅を出たら、バッグから取り出し自転車へと変身させてペダルをこいでスタートです。

そんな使い方が有効なのはやはり東京特有の事情によるものかもしれません。
東京にはレンタルバイクのサービスはありますが、駐輪場やサイクルベースに置かなければならないといった制限があります。

そのような制限から解放され、自由に動き回り、つかれたらタクシーに乗りこんで一気に移動することができる「WHeeLING TOKYO」のサービスぜひ試してみたいものです。

サービス情報
WHeeLING TOKYO
東京都江戸川区北小岩8-5-10 1階
電話:03-6883-7355
営業時間:09.00am – 18.00pm(日・祝はデリバリー業務のみ)
URL:https://www.wheelingtokyo.com/
レンタルサービスURL:https://wheeling.bikerentals.co.jp/rentalbike_pretop
レンタルサービスの申込・詳細につきましてはレンタルサービスURL先にアクセスの上内容をご確認ください。

A-bikeが欲しくなったら

レンタルじゃなく、いつも自分の足としてこのミニベロ「A-bike」が欲しくなったら購入もオッケーです。

出典:WHeeLING TOKYO
URL:https://www.wheelingtokyo.com/
WHeeLING TOKYOで販売されている車両は、日本正規代理店が国内の交通事情と安全・品質基準に合わせて改良を施し走行性能・耐久性を向上させた日本特別仕様です。

SINCLAIR RESEARCH A-bike City

  • 車重 6.79kg
  • 走行時  全長96cm × 全高96cm × 全幅47cm
  • 折畳み時 高さ69.5cm × 幅41cm × 奥行21.5cm
  • タイヤ 8インチ ノーパンクタイヤ(後輪のみチューブタイヤも選べます)
  • 乗車制限 体重100kgまで
最新情報をチェックしよう!
>楽しく走る喜びがあふれる miniveloの世界

楽しく走る喜びがあふれる miniveloの世界

街の中の風景を楽しみながら、ゆっくり走る
スピードに乗り海岸線を走る
小さなタイヤ・フレームに秘められた魅力は無限大
そんな楽しいミニベロの世界をお届けします
ミニベロのサイクルスタイルを提案する minivelo information site

CTR IMG